社畜になるのはもううんざり

社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。趣味に生きる楽しい生活がしたい。

畑作業所ではない。台風で家がぶっ壊れた!

まいった。

 

台風に天井持って行かれた。

 

f:id:tgr_en:20170918131725j:plain

 

築42年。こんことは初めてだと祖母も言っていた。

 

確かに今回の台風18号は規模が大きく、

日本列島をまっすぐ縦断していたが、近所でこんなになっているのは

我が家だけである。

 

本当にお恥ずかしい。

もう少しで電線ちょん切って、近所一帯を停電にしてしまうところだった。

 

見た目そんなに古くはないが、ガタがきていたに違いない。

 

僕の住んでいる地域は災害が極端に少ない。

地震なんてめったにない。東京から帰ってきて、地震の少なさに心底驚いた。

たまにあるのが台風なのだが、なぜだかいつも綺麗にそれてくれる。

前日まで、直撃だと思っていても、

当日になると「あれ?たいしたことないな。」みたいなことが多い。

キセキみたいな地域なのである。

 

今回もいつもどおり、ちょっと強めの風と雨って感じだった。

「結局直撃しないんかい!!」って思っていたら

ドゴッ!!って音と共に屋根がめくれ上がり、

雨漏りがし始めた。

 

1時間後には天井が全て抜ける始末。

f:id:tgr_en:20170918132209j:plain

家の中にいても、外みたいな状況だった。

 

幸い、台風もスピードをあげ、雨も2時間ほどでやんだ。

一夜明けて、この辺りの被害の情報は全く聞かない。

台風が強かったというより、我が家がぼろかっただけのようだ。

 

しかし、問題は屋根が直るまで、これでは寝れないということ。

結局屋根の工事は明日してくれることになったが、

全ての家具がびちょびちょで、元に戻すのは相当骨が折れそうである。

 

と、いうことで、これがいい機会と思い。

明日から僕は空き家で1人暮らしすることが決まった。

 

 

その空き家は祖母の持ち物で、いままで賃貸で貸していた場所だ。

ちょうど今月、いままで住んでくれたていた人が出たばかりで、都合がよかった。

築60年くらいの古民家であるので、

これからはその家をDIYしながら、暮らしていこうと思う。

 

 

明日は休みなので畑の開拓を進めようと思っていたけれど、

それどころではなくなってしまった。

とりあえず、今の家の片付けと、新しい家の掃除をしなければ。

 

先日、手相占いをしたとブログに書いたが、

実はその先生から、開運グッズとしてキンホルダーをもらっていた。

「それをつけていたら、運気もあがるわよ!」

ということだったので、さっそく鞄につけていた。

 

その翌日に、天井が落ちるという大惨事。

 

本当に開運効果発揮してくれているのか?

とことんついてないぜ!

 

最近落ち込むことが多かったので、

逆にこれだけ、いききった悪いことがあったら、

気持ちもすっきり。細かいことがどうでもよくなった。

 

ポジティブに頑張ります。

 

手相占いをしたよ

地元で有名な手相占いのおばちゃんに占ってもらいました。

 

僕は定期的に仕事関係で、このおばさまに会うことがあるので、

その都度手相を見てもらっています。

 

一言で言うと、現在僕はやる気ない。覇気がない。ダメダメ。

とのこと。数ヶ月前と同じ人とは思えないとのこと。

確かにその通りなのです。

 

いろいろプライベートでも、仕事でも上手く行かないことが相次ぎ、

完全にやる気をなくしているまっただ中でした。

その原因は社内不倫しているブ男とブ女が会社にいるからです。

そいつらと一悶着あってから全くやる気がでません。

 

しかし、力を入れて仕事しても、抜いて仕事しても給料が変わるわけでもないのです。

手を抜いても、死に物ぐるいで頑張っても、評価が同じ会社なのです。

ずっと、頑張って来ただけに、手を抜いた瞬間。

「あっ。この程度でもいいんだ。」っていう感覚が芽生え、

ずっとそのまま働いていました。

 

そんな内情を見透かされ、それじゃあダメだと、

言われてしまったのです。

 

人間手を抜いたらダメですね。

すぐ見透かされます。

明日からはポジティブに頑張って行こうと思います。

 

誰も見てなくても、人間頑張らなくては

自分の内側から出る物質が変わってくるんだなと感じました。

 

とりあえず、不倫やろうどもに何も言わせない量をこなしていこうと思います。

 

そして、そんな気持ちがプライベートにも影響し、

なかなか畑の開拓もすすんでいません。

ちょっと離れているので、休日しか行けないのが難点。。

 

f:id:tgr_en:20170916220051j:plain

左側の崖を少し刈りましたが、大きめの木が生い茂って全く草刈り機では手におえません。そして、畑予定地も根が張りすぎて全く掘り起こせません。

 

耕作機はありますが、ネットで調べる限り、耕作機では根のはった土には

全然効果なしとのこと。

 

本当に大変ですが、鍬で少しづつ掘り起こして行こうと思います。

f:id:tgr_en:20170916220614j:plain

こんなデカい根がそこら中にあります。

もう、森になりかけてた場所のようですね。

 

土を耕すだけで、数ヶ月かかりそうです。

 

まずは、草刈りと土を鋤きおこすことに全力を注ぎ込みます!

 

 

畑いじり始めます。

祖母が持て余してる土地があるという情報を聞き、無趣味な自分が立ち上がりました。

 

20代は仕事人間で趣味など何もなかっただけに、転職し、30代になり生活が落ち着くと、持て余す時間も増え、熱中できるものを探しているフシがありました。

 

と、いうことで、家庭菜園始めます!

 

その土地がこちら

f:id:tgr_en:20170909231837j:image

 

正に荒れ地。

昔は畑として使っていたようですが、

祖父が亡くなってからは放置状態のよう。写真で写っている奥もずっと続いています。

 

とりあえずはここを耕して、何か作りたいと思います。

 

本日のメニューは伸びきった草刈り。

f:id:tgr_en:20170909232556j:image

 

草刈機で1時間ほど刈りました。

まだ、まだ、草も生えてるし、

根っこも掘り返さなきゃいけませんが、超疲れたので、ここまで。

 

農業疲れます。

 

棚ぼた的に、草むらの中から、

コンポストが出てきました!

 

昔は使っていたやつだと思いますが、

これは有効活用するべし!

 

次回はもうちょっと草刈りを行い、本日刈った草を処理して行きます!

 

サラリーマンしながらだと、休日しか動けないので、完成するのはいつになるやら。。

 

8月の貯金

今月は手取り22万ほどでした。

12万貯金で1962008円

 

来月には大台200万に到達しそうです。

 

よく、100万貯まったら300万を目指せといわれます。

300万貯めたい。せっかく貯めた貯金を使いたくない。

 

じゃあ、なんでなんの為に貯めてるんだという疑問がわきます。

現に僕の会社には全く貯金せず、月給をすべて使い切る男がいますが、

それはそれで、とっても楽しそうです。

 

僕なりの見解ですが、

貯金はちょっとした安定剤みたいなところがあると思います。

貯金があれば、ちょっとしたことでは動じない。

逆にないと常にお金の不安がつきまとう。

安心を得るために、貯金をするのです。

 

そんなこんなで、200万近く貯まりました。

目標はあと5年で1000万にすること。

 

結婚式さえなければ貯まりそうなのに。。。

結婚式あげたくない。。。

 

結局家計簿は3日坊主で続かず。

来月は頑張ろう。

 

 

 

生まれて初めて音楽フェスなるものに行ってきた

フェスが終わると夏が終わる。

 

よくイケてるリア充がそんなことを言っています。

 

そのたびに僕は

何をかっこつけとるんや!

フェスって言葉に酔いしれてる感じがキモイんじゃ!

いい年して、20代前半のロックンローラーにウハウハしてんじゃねー!

 

と、思っていました。

 

映像でしかその世界を知らなかった僕は、

あんな感じでノレない。キャラじゃないし。そもそもバンド全然知らないし。

とか思って、フェスというのはイケている人たちが集う場所と思っていました。

バンド好きってイケてる人が多いし。

イケてる人っていうのは僕の中で学生時代に

文化祭で壇上で騒げる人。体育会では先頭きって応援団する人。

そういう人たちが集う場所だと思っていたのです。

 

もちろん、常に教室の隅にいた僕なんかには別世界のことだと思っていました。

 

しかし、この夏は、彼女からお誘いがあり、初めて音楽フェス行ってきました。

すると。。。

 

なにこれ、めっちゃカッコイイんだけど。

フェス最高ーー!!

 

気づいたらタオル振ってました。。。

 

そんなキャラじゃないのに。。

 

なんだこの一体感は!!

 

思った以上に楽しかったのです。。。

 

イケてる人が集まって場所かと思っていましたが、

年齢層も小学生っぽい子から定年前ぐらいの人まで多種多様。

 

まさにフェス好きみたいなイケてる人から、

BL好きそうなオタクっぽい人まで多種多様。

 

最前列で激しくジャンプする人たちや、

スタンディングの最後尾で調子を合わせてる人

その後ろで座ってみてる人

楽しみ方も人それぞれな感じなんだと初めて知りました。

 

別にイケてないグループでも楽しめるじゃん!

食わず嫌いはよくないです。

むしろ、来年も行きたい。

 

と、いう概念を覆させられる1日となったのです。

 

さらに、自分は映像の仕事をしているだけに、

破格外のエンターテイメントに感動してしまう傾向にあります。

極大のエンターテイメントを目の前で見れる感覚が衝撃的に感動したのでした。

 

そして、それは映像では作り出せない、種類の違うエンターテイメントなのです。

 

よく、写真の一瞬を切り取る破壊力にビデオは勝てないと言われます。

同じように、たかだか数分の曲で感動させれる音楽のすごさに、

映像マンとしては嫉妬してしまうのです。

 

何が言いたかったとうと。

いままで、偏見もっててごめんなさい。フェス最高

と、いうことです。

 

全国の僕のようなイケてない人。

価値観変わるぞ。

 

そして、そこで知った、四星球というバンド。

もう、かなり有名みたいだけど知らなかった。

一気に好きになりました。かっけー。

 

そして、フェスから帰宅する道中。

彼女がいいました。

「これで夏が終わった。」

 

フェスが終わると夏終わるわ!!

 

 

 

 

 

 

 

今更ですが7月貯金額

僕の会社は7月がボーナス月です。

 

そこで、今月はいつもより多めに貯金。

 

37万貯金に回して、合計1841342円

手取り21万の内12万、ボーナスは全額貯蓄に回しました。

 

先月まで毎月積立貯金10万だったのを、今月から12万にしました。

 

これは結婚が控えているため、お金をもっと貯めなくてはいけないため

今後は生活レベルを落とそうかと思っています。

貯金ってほんと大変。

 

この貯金を数ヶ月後には結婚で全て失うと思うと悲しすぎる。

 

そして、今日から家計簿を付けることにしました。

もう、何度も三日坊主になってきた家計簿ですが、

今度は是非とも続けたい。

自分を鼓舞しつつ頑張ります。

 

今後はもっと細かい収支をブログに載せたいです。

 

いつか貯金額1000万を目指して頑張ります。

結婚したくない。男でもマリッジブルーになる。

僕は結婚しようと思っている相手がいます。

結婚の話も進んでいるところなのですが。。

ホント結婚に対して不安しかない。

 

f:id:tgr_en:20170724233539j:plain

 

ちゅらい。ちゅらすぎる。

結婚式なんてしたくない。会社のくそ野郎どもなんて呼びたくない。

友達が少なすぎて、呼びたくない。恥ずかしい。

親戚付き合いが全くない我が家は親戚が集まらない。

そもそも結婚式あげるお金がない。

せっかく貯めた預金を崩したくない。

彼女の貯金がまったく当てにならない。

もーいやだ。。

 

不安なことがありすぎて、やりたくないことがありすぎて、気持ちが重すぎます。

彼女のことは好きですし、一緒になりたいとは思っています。

しかし、彼女がすごく新生活を楽観的に考えている気がして、嫌になります。

結婚式にしたって、一大行事なのに、他人まかせというか、

やりたい気持ちだけで、現実的にお金のことや、

これからのことを考えてないように思えてしかたありません。

そんなマリッジブルーな僕が、男が結婚をしたくない理由をあげてみたいと思います。

 

とにかく男は結婚式をしたくない

 

男にとって結婚式はとても恥ずかしいものです。

女の子のみんなに見てもらいたい。みたいな気持ちが1ミリもありません。

なんでこんなことに大金を使わなければならないんだ!という気持ちになります。

現代人なら特に形式張ったことが嫌いです。

昔のようにきっちり、式も披露宴もなんて考えの若者は少ないように思います。

昔から、結婚式は新婦と親の為なんていいますが、それは僕らの親の時代の話。

今の20代30代の親が、披露宴までしてほしいと思うのか?

自分たちの身の丈にあった式でいいと思っている方の方が普通ではないかと思います。

それなのに、強引に型にはまった式や披露宴をしないといけないのか??

 

もう結納なんてしなくてもよくないか?

 

僕の彼女の家庭はザ・昭和みたいなご家庭。

きっちり、行事をやりたい家庭なのです。

そんなこんなで、結納をやることになりました。

彼女のお父さんは、親としてやってあげたいと言っていました。

しかし、僕的にはこの儀式いるのか??疑問でしかない。と思うのです。

なんで、不景気のこのご時世に花嫁の準備金を送らなければならない。

そんなもん、自分で貯めてなくてはダメなのではないか?

なんで女はお金を出さないのに、おおがかりなことをしたがる?

そんなお金があったら、新婚旅行でいろんなところに行きたいと思う。

要するに、現代人はどんどん形式的なことがしたくなくなってきているのだ。

そこに昭和の意見を持ち込まれるとげんなりしてしまう。

 

将来に対して不安がハンパない

 

まだ奥さんがバリバリ働いてくれているなら安心。

夫婦でボーナスをもらえたらとっても家庭は潤う。

しかし、僕の彼女はバイトの身分。

仕事で彼女の人格が判断されるわけではないから、

どんな仕事でも全然かまわないんだけど、

自分の給料が少ない分、不安は大きいし、諦めなければならないことも多くなる。

お金に対しての不安はつきない。もう不安で不安でしかたない。

今の給料で全うな生活ができるのか?

不安がつのりすぎて、結婚式なんかでお金を使いたくないのである。

 

自分がまともな夫や父親になれるはずがない

 

これが一番の不安。

自分の父親も仕事しかしない人間だった。

自営業だった我が家は、ドラマなんかのアットフォームな家庭ではなかった。

基本父と母は仕事でいなかった。

そんな温かい家庭の教育を受けて育たなかった自分が、

温かい家庭を築ける気がしない。方法がわからない。

一緒に暮らし始めて、自分が今までどおり彼女に優しく出来るか?

ちゃんと家事を手伝えるか?ずっとイライラするのではないか?

不満が爆発してしまうのではないか?と思ってしまう。

今でも彼女にイラっとしてしまうことがある。

週1ぐらいしか会わないから、我慢できるものの、毎日一緒で我慢出来るか?

男は週5で1人になりたい生き物なのだ。

 

 

新婦側の親戚付き合いが億劫すぎる

 

親戚づきあいのあまりない家庭で育ったこともあって、

付き合いが苦手です。

これに、超気を使う彼女側の身内と

これから何度も会わないといけないと思うと気持ちが重すぎる。

向こうの親が自分を気に入っているとも思えない。

基本的に考えが非常に違うことが判明してしまっているので、

向こうの親族と分かりあえることはないと思っている。

 

さらに、自分の親と嫁になるであろう彼女がうまくやっていける気がしない。

僕の考えが向こうの家庭に受け入れられないのと同じく、

彼女の性格は我が家には受け入れられない。

それでも本人同士が良ければ、親の気持ちなんてどうでもいいのだが、

やっぱり気は重くなってしまう。

 

まとめ

 

と、いうことで、マリッジブルーこのうえない現状ですが、

結婚した友達の話を聞くと、いいことも沢山あるみたい。

どんなに子供嫌いの人でも自分の子供は溺愛しているし、

結婚している人はする前となんだか雰囲気が違う。

やっぱり、いいことのために辛いことを乗り越えないといけないのだろう。

 

結婚を前にして思います。

実家暮らしの独身。こんなに楽な身分はない。今最高。

勇気を振り絞って、この極楽から踏み出なければなりません。

この極楽はずっとは続かないから。

極楽に居続けるとひとりぼっちで老後を過ごすことになります。

なぜなら極楽を作ってくれているのは親だから。

親の家に、親と一緒に暮らしているわけだから。

この極楽を生み出した親がいなくなると、もう極楽ではなくなるのです。

待っているのはひとりぼっちの地獄。

これからは自分で極楽を作らなければならないのです。

これが、不安でないはずはない。そりゃ大変に決まってる。