社畜になるのはもううんざり

社畜になるのはもううんざり

社畜としての生活におさらば。趣味に生きる楽しい生活がしたい。

不満をもって働いているのはみんな同じだった。

先日仕事で知り合った。定年間際のダンディーなおじさんがいる。

 

この人は隣町で、福祉の仕事をしていて施設長まで登りつめたのに、

定年を前にして、ひとまわり大きい施設から誘われ、転職したのだ。

 

当初は大きい事業所で今よりやりがいがあると思ったし、

誘ってくれた人が熱心だったため、話しに乗って転職したのだそうだ。

 

しかし。

入ってみると、給料は相当下がったうえ、

新しく上司になった社長の息子である無能なボンボンに、

目の上のたんこぶ的な扱いを受けているのだという。

あげくのはて、離れ小島のような環境に追いやられ、仕事をさせられているという。

 

なんだか、爆発寸前だった。

能力がある人なので、転職しても様々な事業立ち上げ、新しく展開しているのだが、

全然、評価はされない環境のようだ。

 

こんなことなら、転職しなかったらよかったと言っていた。

 

僕の印象ではその人は楽しく仕事をしていて、

なんだかイキイキと生活しているように見えたから、

こういう話を聞いて大変驚きだった。

実際は相当なうっぷんを抱え、仕事をしているようだ。

 

それにしても、根気よく誘っておいて、現場レベルで、話が違うなんて

悲しい話しだ。その会社も相当なクソ会社である。

 

そこで、こちらの悩みも話し、グチの言い合いみたいになってしまったが、

分かったことは、みんな不満がいっぱいで働いているということ。

爆発寸前で我慢しながら働いている人がいっぱいいる。

転職したからって、いい結果になるとは限らないと言うこと。

いい話ばかり言う奴は大概悪い奴だということ。

 

グチの言い合いだったが、気持ち的にはかなりすっきりできた。

 

そして、そのダンディーおじさんが言ってた話しで心に残ったのが、

「自分は1つの施設のトップまで登りつめた。

ずっとトップに立てば見える景色が変わると思っていた。

でも、なにも変わらないよ。結局不満ばかりだよ。」

と、言っていたこと。

 

会社で仕事をするということは、出世しようが、現状維持だろうが、

不平不満を抱き続けなきゃならないのだろう。

 

この先どうしたらいいのか?楽しく会社勤めするのは夢話なのか?

頑張っても、頑張っても報われない。

この先もずっとそうなのか。

 

では独立すればいいと言われるかもしれない。

はっきり言ってそんな能力あるわけない。

独立できない奴は、やっぱり社畜になるしかないのか?

考えさせられる日だった。

 

結局ステキな会社に就職できる能力が自分になかったのだ。

子どもの頃、誰かちゃんと教えて欲しかった。

本当にいい会社とはどんな会社かということ。

そのために勉学に励まなければいけないということを。

 

親には勉強しろ、勉強しろと、しつこく言われたが、

なぜ勉強が大切かちゃんとした肝を語れる人間は誰もいなかった。

ホワイト企業に入社することがどれほど幸せか教えてくれなかった。

学校でも教えてくれなかった。

 

子どもを持つみなさん。

なんで勉強しなければいけないのかと子どもに聞かれると、

将来役に立つ。一般常識はないと恥ずかしい。いい会社に入れる。

とか、そんな抽象的な答えを子どもに聞かせて納得するわけはありません。

子どもをなめすぎである。ちゃんと説明しないから分からないのである。

せめていい会社とは具体的にどんな会社か。

そういう会社に入るにはどんな勉強が必要で、どのくらい勉強しないといけないか。

ちゃんと、具体的に教えてくれ!と、30歳になって思う。

 

20代から夢を引いたのが30代なのだ。

20代と30代の感じ方の違い、仕事の違い、それも10代の自分に教えてやりたい。

この30代の気持ちをちゃんと教えてあげてほしい。

夢でどうにか持ちこたえていた20代の気持ちは青春で、

かっこいいから話しやすいだろうが、

いろいろ失った30代以降の話をしてやるべきだ。

夢がかなわなかったとき、子供は痛い目にあうのだよ。

 

自分の子どもには包み隠さず、人生マジ大変。

ってことを語ってやりたいもんである。

 

 

あえて、自分の今の仕事でいいところをあげるとすると、

人との出会いが多い仕事ということ。

今の仕事をしてたから、こんな年の離れたダンディーおじさんと

知り合いになれたし、今では結構仲良くさせてもらっている。

 

これが、実は人生においてとても大切なことのような気もしている。

 

せっかく、出会えた人とを大切にすることが今の仕事に対するモチベーションである。

何かが変わるときはきっと人との出会いがきっかけになると思っているから。

たくさんの人と出会って、いい方向に向かうといいなと思う。

 

自分も不満を抱えて、生活しているサラリーマンの1人として、

ストレスフリーな生活が送れるよう早期退職したいものである。

そんな夢を描きつつ、株を買ってみる。

大化けして、キセキが起きて欲しいものだ。